簡単な運動法

ここでは、「簡単な運動法」 に関する記事を紹介しています。
ご訪問頂き、まことに有難うございます。あなたとのご縁に心より感謝申し上げます。(=⌒▽⌒=)

私は長年にわたり、指圧の治療と、指圧のやり方を教える講座を行ってきました。指圧は、「愛の手当て」です。一人でも多くの方が指圧を通してお互いの絆を強めて頂きたいと願っています。詳しくは下記の案内をご覧下さい。

mai 2007 025

指圧講座のご案内
指圧治療のご案内
メール指圧講座のご案内
経絡体操講座のご案内



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



あなたは、 みらいクリニック院長の今井一彰医師が考案された「あいうべ体操」をご存知でしょうか。方々で紹介されていますので、ご存知の方も多いかも知れません。

これは、下記の動画にあるように、口を「あ・い・う・べ」の順番に大きく開ける動作をするだけです。

いひ?き対策☆舌の筋トレ あいうへ?体操 (実践編)


「あー」と口を大きく開く。
「いー」と口を大きく横に広げる。
「うー」と口を強く前に突き出す。
「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす。

1度に行うのは10回程度として、1日30回以上をを目標に毎日続けるといいようです。唯、顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数をへらすか、「いー」「うー」のみをくり返すだけでいいそうです。 この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからないため、何回行っても問題ないようです。



この体操を行うと、下記のような効果が見られたと、考案者の今井医師は言っておられます。

kouka.jpg


今井医師によりますと、体操の直接の効果は、舌が上あご(口の中の天井)にぴったりとつく適正な位置に戻ることだそうです。

舌先が前歯の裏側に当たっていたり、舌の両側に歯形がつくのは舌が下がっている証拠だそうで、そのような人は無意識のうちに、口を開けて口呼吸をしているそうです。

今井医師の報告によりますと、関節リウマチの患者(50代女性)が、約3カ月で免疫抑制剤の量が4分の1に減ったり、花粉症の患者(30代女性)が2週間で症状が消えた例があるそうです。

また、アトピー性皮膚炎の患者が数カ月から半年間、この体操を続けたら、症状が消えたたという例が複数あるそうです。



尚、口呼吸の常習者は、この「あいうべ体操」を行うと同時に睡眠時に、口にテープを貼って寝ると効果があるそうです。

私たちは、日常生活では意識的に鼻呼吸を心がけていても、睡眠時には無意識になって口呼吸になりやすい面があります。

そこで、眠っている間にしっかりと口呼吸を防ぐのが「口テープ睡眠」だというわけです。やり方は、下図のように口にテープを貼って寝るだけですので、簡単です。。

teapu.gif


女性でありながら、イビキが酷く お友達との旅行もままならず、何とかしたいと思っていた時 このテープの事をラジオで知り早速 購入しました。
愛用して かれこれ3年になりますが もう手放せません。イビキも すっかりかかなくなり、口をあけて寝ることも無いので
風邪も引かなくなりました。 イビキをかく人には絶対お勧めです




最後に、この「あいうべ体操」「口テープ睡眠」を実践されている、フリーアナウンサーの生島ヒロシ氏は下記のように述べておられます。

『以前は度々、飲み込みがつかえて苦しくなることがありましたが、「あいうべ」で舌が鍛えられ、飲み込む力がついたのも実感しています。また、睡眠時無呼吸症候群の治療になるのもうれしいですね。睡眠の質が良くなると、体力の回復も早くなります。その上、口テープを貼ってしっかりと鼻呼吸をするようになってから、本当に風邪をひかなくなった。おかげさまで、病気で休んだことはゼロ。仕事に穴をあけたことはありません。』






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、15,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



世の中には健康法と称する方法が無数にあります。中には関連商品を販売する目的で、ある種の運動法を宣伝しているものがありますが、多くのものは誰でも、金を掛けずに、簡単にできるものが多いものです。

しかしながら、西洋医学一辺倒の医学会では、そうした簡単な運動法について、科学的な根拠がないとか、医学的に証明できなどという理由をつけて、否定する医者も多いものです。

例えば、指圧治療などに対しても、医者自身が自ら治療を受けたこともないのに、一般的な世間話程度の知識でもって、患者に対して、指圧のように強く圧したりするものはダメだ、と頭から否定するようなことを言います。



確かに指圧師の中には未だに、強く押すのがいいことだと思っているものもいますが、本来の指圧は免疫力を高める働きや、神経緊張をゆるめて、色々な症状に効果を表すものです。

一部の治療師の様子だけを知って、それで指圧は良くないと判断している医者が多いのが現実です。勿論、医者の中にも、指圧のような代替医療の効果を認めている方もいますが、未だに少数派です。

ところが、諸外国の事情は大きく違います。近年では、西欧諸国を始め、多くの国々で指圧の治療効果に注目している人々が増えています。西洋医学の医者も積極的に患者にススメたりもしています。



ところで本日の話題は、「ふくらはぎ揉み運動法」についてです。これも特別なやり方ではありませんが、自分で簡単にできて、健康維持のために効果的です。

ふくらはぎは直立歩行をする人間にしかない重要な器官です。ふくらはぎは「第二の心臓」と言われていますが、それは、ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、下半身に滞りやすい血液を重力に逆らって心臓へと押し戻すポンプ作用があるからです。

ですから、ふくらはぎが冷えて硬くなったり、筋肉が衰えたりすると、ポンプ機能も低下して、静脈血が上手く心臓に戻らなくなる恐れがあります。



そうなると、下半身に血液が停滞して全身を循環する血液の量も少なくなり、他の器官に充分な酸素と栄養が行き渡らなくなってしまいます。

それが冷えや浮腫みを招くだけでなく、不調や疾患を引き起こす原因になり、全身の健康状態に悪影響を及ぼす可能性もあります。

このことからも、ふくらはぎは足元を支える屋台骨であると同時に、全身の血液循環を支える基盤でもあり、全身の健康の要だと言えます。



私自身はパソコンの前に座っていることが多く、常に下肢の血行不良を感じています。以前はそれを解消するために、よく歩きに出かけたのですが、最近はそれもできなくなり、余計に下肢の冷えなどを自覚しています。

ですから、それを解消するために椅子に座った状態で片足を持ち上げて、ふくらはぎの指圧を行っています。血行不良のために筋肉が硬くなったり、冷えたりしているところを重点的に行いますと、下肢全体が温かくなります。

また、お灸をすることもあります。主に「足の三里」などの胃経のツボや足裏の「勇泉」という腎経のツボを中心に数箇所に、せんねん灸などの簡単なお灸をしています。こちらも下肢の冷えなどに効果があります。



ところで、健康的なふくらはぎの状態とは、どんな状態かと言いますと、主に下記のようなことが言われています。

1.ほんのり温かい。

2.ゴムまりのように弾力性に富んでいる。

3.つきたての餅のように柔かい。

4.皮膚に張りがある。

5.奥にしこりがない。

6.指で押しても痛くない。

7.指で押して離すとすぐに元に戻る。

8.痛みやだるさがない。



一方、不健康なふくらはぎの状態とは、下記のような症状がある時です。

1.掌より冷たい。

2.火照ったように熱い。

3.柔かすぎて弾力がない。

4.がちがちに硬い。

5.浮腫みがある。

6.内部に芯のようなしこりがある。

7.指で押すと痛くなる場所がある。

8.押した指の跡が消えにくい。



残念ながら、私の場合は不健康な状態に当てはまる所があります。ですから、ふくらはぎの指圧やお灸をすることが必要だと思っています。

で、そのふくらはぎ揉みを行うとどんな効果が期待できるのでしょうか。主な点をあげますと、下記のようなことが言われています。

1.心臓や腎臓の負担が軽くなって血圧が安定する。

2.酸素や栄養素が全体に行き渡って老廃物が排出される。

3.基礎代謝が上がって余分な体脂肪が落ちる。

4.細胞を若返らせて老化を遅らせる。

5.病変部分にも血液が送られて治癒を早める。

6.免疫力を高めて病気を防ぐ。

7.筋肉、毛細血管への各種ホルモンの流入を助ける。

8.自律神経を整えて不眠・鬱を改善する。

9.血液が脳細胞に行き渡って認知症を予防する。

10.アトピー、喘息、風邪を予防する。



さて、ふくらはぎ揉みのやり方ですが、特別なことはありません。例えば、ふくらはぎ揉みを推奨され、テレビの番組などで紹介されていた方のビデがありますので、下記をご覧ください。




私は、この推奨者がどんな方かは存じませんが、彼女の著書などで、「がん、心筋梗塞、糖尿病、アトピー、ぜんそく、腰痛、肩こり、冷え性、不眠症、更年期障害、ボケ」などに効くと謳っていたようで、それに目をつけた医者たちから、下記のようなクレームが付いています。(『週間文春』7月10日号より)


『新渡戸文化大学学長・中原英臣医師』

ガンやアトピーに効果があるとはとても思えません。糖尿病は基本的に治らない病気ですし、高血圧だって重度なら薬を飲まない限り下がりません。この本に書いてあるみたいに、万病に効くわけないでしょう。医学的にも科学的にもありえません。


『内科クリニック・小内亭』

ふくらはぎが知らせる病気のシグナル
<熱くて固い→高血圧>
<冷たくて柔らかい→糖尿病>

こじつけで作ったんでしょう。例えば糖尿病なら筋肉が弱くなって血流が悪くなると、冷たくてやわらないふくらはぎになると、こじつけているのでしょう。

仮に冷たくて柔らかければ糖尿病だとしましょう。でも、ふくらはぎを暖かくすれば糖尿病がよくなるかは別の話です。

本来効果を立証するにはもんだ人ともんでない人で対照試験をしなければいけませんが、それが全くない。また、医学論文などの根拠も記載されていない。



残念なことに現在の日本では、西洋医学が一番だという意識が強いですから、医者が認めないものはダメだという風潮が未だにはびこっています。

でも、どんな方法であっても、それを実行した本人が気持ちよくなり、健康維持に役立っているのなら、それでいいわけで、医療機関で多量の薬を飲まされるよりも安心です。

何事も自分自身で体験して、できるだけ安易に医療機関を利用しないようにして、健康維持を図ることが必要ではないでしょうか。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村


指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

ラシ?オ体操 第1 &第2


今更申し上げる必要もないのですが、「ラジオ体操」は現在でも日本国民の間に拡がっている運動法(健康法)の一つとして知られています。

私の住んでいる住居のベランダ側窓から外を見ますと、24階建てマンション建設の工事が毎日行われている様子を伺うことができます。

そこでは毎朝、8時になると作業員全員が集まってラジを体操を行っています。1日の作業をする前に身体をほぐしておくことが必要なのでしょうし、全員が一同に集まって意思の疎通を図る上でも大切なことなんだろうな、と毎日その様子を眺めています。



ところで、そのラジオ体操ですが、一般に第1体操第2体操があることは知られていますが、ここに来て、幻の「第3体操」があったことが話題になっています。

幻のラジオ体操第3


ラヂオ体操・第3 (昭和21年4月14日から昭和22年8月31日 の短期間に行われたようです。)




この幻のラジオ体操とされている「ラジオ体操第3」を活用して市民の健康づくりに役立てようと、滋賀県東近江市と龍谷大が取り組んでいる、との下記のような報道がありました。(「Yahooニュース」より)


ーー引用はここからーー

番組放送が短期間で終わってしまったため、幻のラジオ体操とされる「ラジオ体操第3」を活用した市民の健康づくりに、滋賀県東近江市と龍谷大が取り組んでいる。

ダイナミックな動きとテンポの良さが特徴で、本年度は半年間の教室を開いて心と体に与える効果を調べる。東日本大震災後の心のケアを課題にする福島県郡山市からも問い合わせがあり、映像を提供するなど全国的な普及を目指す。

ラジオ体操第3は1946(昭和21)年から1年半だけNHKで放送された。両腕を大きく回しながら屈伸したり、両脚を開閉しながらリズム良く跳びはねたり、ダイナミックな動きが3分15秒続く。放送当時は音声で複雑な動きを伝えるのが難しく、戦後の食糧不足による不安定な世相もあり、普及せずに短期間で終わった。

昨夏、「幻とされる体操を健康推進やうつ病予防に生かせないか」と、龍谷大の安西将也教授(公衆衛生学)と井上辰樹教授(運動生理学)が、当時の音源や約35年前の記念誌を調べて再現した。安西教授は「一度では覚えきれず、かといって難しすぎない。ほどよい強度の運動」と特徴を説明する。

安西教授の知人が東近江市職員として働いている縁で、同市もラジオ体操第3に着目。昨秋から、仕事で無理をして健康を壊しやすい40~64歳を対象に体験教室を開催しており、2月16日にあった教室には市民12人が学生の指導で動き方を学んだ。

夏休みには地域のラジオ体操に欠かさず参加するという杉浦まさむさん(64)=同市勝堂町=は「複雑で一度目はついていけなかった。でも、体だけでなく頭も働かせるので楽しい」と話す。

市は本年度、心身に不安を抱える国民健康保険加入者を抽出し、ラジオ体操第3と栄養教室を受講してもらい、心身への影響を検証する。市保険年金課の夏原善治参事は「『幻の体操』という言葉で運動に興味をもってもらい、健康への意識を高めるきっかけになれば」と話している。

市はラジオ体操第3の取り組みをホームページ(HP)に掲載。HPを見た福島県郡山市から問い合わせが来るなど、広がりを見せている。龍谷大も今後、多賀町で教室を開催する予定という。

体操を収録したDVDを1枚500円で販売している。問い合わせは東近江市保険年金課 TEL0748(24)5631。(元記事:京都新聞

ーー引用はここまでーー



ところで、ラジオ体操は比較的動きがスローですから、運動としては余り効果がないように思う方もあるかも知れませんが、それは大きな間違いです。

それは、ラジオ体操の消費カロリーが、ウォーキングやゴルフを超えるものがあるからです。また、ラジオ体操は身体のバランスを整えることにも効果ありますから、その他の運動法もラジオ体操には適わないところがあります。

ですから、ラジオ体操は、「計算し尽くされた究極の運動」だとも言われています。何故なら、ラジオ体操はエクササイズとして優れているだけでなく、健康面からみても効果的かつ効率的な運動だからです。



例えば、大きく肩甲骨や体幹を動かす運動は、肩コリや腰痛を改善しますし、有酸素運動を行うことで代謝が良くなれば、ダイエットにも効果的です。

また、リズム体操を行うことで脳の覚醒を促すセロトニンが分泌され、睡眠の質や目覚めもよくなることが認められています。

新体操選手として名を馳せた、現在東京女子大学教授を務める秋山エリカ氏は、「ラジオ体操は、すべてのスポーツに共通する重要な動きが凝縮された優れもの」だと言っておられます。

このように、プロのアスリートが太鼓判を押すほどに効果があり、尚かつ、小さい子どもからお年寄りまで、簡単に取り組めるラジオ体操こそ、計算し尽くされた「究極の身体運動」と言えるわけです。



さて、そのラジオ体操ですが、「ラジオ体操第4」というのがあるのをご存知でしょうか・・・?

ラジオ体操第4



実はこの「ラジオ体操第4」は、アディダス ジャパン(株)が展開するリーボック ジャパンのスポーツウェア「TAIKAN(R)」のプロモーション動画なんですよ。

ですから、本家の「NHK ラジオ体操」とは全く無関係です。あらゆるパフォーマンスの飛躍的向上を促すスポーツウェアである同品の“究極のカタチ”として表現されたのが、この動画だそうです。






さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople

[能]茶屋 / NOH-CAFE ~お能ワークショップ~すり足体験


一般に「すり足」と言いますと、お年寄りは、筋力が弱っているために足を上げて歩くことが出来ず、「すり足」になりがちだ、などと悪い意味に使われることが多いものです。

と言うのも、すり足では、小さな段差につまづきやすくなり、転倒の原因になることが考えられるからです。

唯、ここで考えなくてはならないのは、何故、お年寄りがすり足になるのかと言うことです。単に足の筋肉が弱っているからだと言うだけでは不十分です。



要するに、こうしたお年寄りの足先は若い方に比べて、指が縮んでいる傾向があります。足の指先がちゃんと伸びきっていると、歩くときにバランス良く歩けますから、躓くことはありません。

chichicji.jpeg
縮んだ指先

このことからも分かるように、すり足自体が問題ではなく、お年寄りの場合は足の指先が縮んでいるために、すり足で歩かざるを得ないというだけです。

実は、意識的にすり足で歩いていると、足の深層筋を鍛えることになり、自ずから足腰を鍛えることになります。それこそ、躓いたりすることを防げるわけです。

これに関して、「ヨミドクター」では、『大腰筋に効く「すり足」 』と題して下記のように報じています。



ーー引用はここからーー

能の動きが、知らず知らずに深層筋を鍛えていることに気づいた下掛(しもがかり)宝生流の能楽師・安田登さん(57)。注目したのが「すり足」だ。

すり足は能舞台の基本的な動き。和服にゲタや草履をはいていた頃は日常的だった「和の歩き方」(安田さん)で、両方のかかとが離れないよう歩みを進める。これで背骨と脚を結ぶ大腰筋が鍛えられる。大腰筋は、立ったり歩いたりする動作を支え、歩行などで鍛えられるが、年齢と共に衰えがちだ。

すり足は〈1〉股関節から足を出す〈2〉つま先が自然に上がる〈3〉つま先を下げる〈4〉床をつかむ――の四つの部分に分けられる。

重要なのが〈1〉の動きだ。ひざを軽く曲げた姿勢から大腰筋をわずかに動かすことで足を前に出すのだが、このわずかな動きが深層筋の鍛錬につながる。このとき、かかとを床につけたまま一歩踏み出すと、つま先は自然に上がる。

次につま先を下げる際には、ふくらはぎの表層筋ではなく、深い部分にある筋肉を使う。最後に、反対側の足が一歩を踏み出すのを支えるために、指先でしっかり床をつかむ。

能楽師は、すり足を繰り返すことで大腰筋が活性化され、高齢でも重い装束を着けて舞ったり、助走なしでジャンプしたりできる。

すぐにすり足をマスターするのは難しいので、大腰筋を鍛えるエクササイズを教えてもらった。約10センチの台に片方の足で立ち、もう片方を股関節からゆっくりと静かに前後に振る。振るにつれ、大腰筋が活性化して伸びることをイメージしながら、1分間に30往復くらいのテンポでゆっくりと。



安田さんは「まずは足振りで慣れ、少しずつ覚えて」と話す。

ーー引用はここまでーー



ところで残念なことですが、年齢とともに足腰の衰えを感じるようになりますし、何とか「鍛えなければ」という気持ちになりがちです。

でも、ストレッチでも何でも大抵は、身体の表層の筋肉を鍛えることが多く、そうした表面の筋肉は幾ら鍛えても、直ぐに衰えていきます。

ですから、表層筋ではなく、深層筋を活性化させることで足腰の確りした身体を作り上げることが必要になってきます。それに適したのが、すり足と言うことになります。



ご存知のように、剣道や柔道をはじめ、茶道や日本舞踊に至るまで、和の動作の基本といえるのが、「すり足」ではないでしょうか。

すり足は大腰筋(だいようきん)だけでなく下半身を支える上で一番大事な内転筋(ないてんきん)を活性化させる働きがあります。ですから、すり足を繰り返すことが下半身にかかわるあらゆる運動に有効になります。

daiyokin.gif

何でも、能のすり足は、古代中国の「禹歩(うほ)」から来ているのではないかと言われていますが、その古代中国の「禹歩」がどのようなものだったか、正確なことは分っていない、とのことです。



さて、すり足での歩き方ですが、冒頭の動画をご覧になるとお分かりになると思います。簡単な説明を加えますと下記のようになります。(「シニアコム.JP」の記事より)


1.をそろえ、ひざの裏を少し緩めて立ちます。体の水平線・垂直線を意識し、スカイフック感覚。頭上にフックがあり、天から吊るされているイメージで。

2.これから歩き始めるのに備え、足首を支点に、やや前傾気味に。

3.右足にやや重心をかけ、足の指でしっかり床をつかみます。

4.左足を、床をするようにゆっくりと前へ出します。歩幅は小さくて構いません。

5.出した足"左足"のつま先を上げます。くるぶしを支点にするイメージです。

6.出した足"右足"のつま先をゆっくりと下ろします。

7.下ろした左足のつま先で床をつかみ、次に床をするように右足を前へ出します。すり足がうまくできないときは、股(また)の間にタオルを挟んで練習します。



最後に、下記の動画を掲げておきますので、参考にして見て下さい。

WAC!お能て?ストレッチ体操







さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村



指圧をボランティア活動に生かそう!(指圧講座の授業料を特別割引中)
■「このサイトを登録」 by BlogPeople



今日紹介する、「肥田式強健術」(ひだしききょうけんじゅつ)は一般には馴染みがないかも知れません。私は若い時に、『聖中心道 肥田式強健術』(復刻版)と言う本にに巡り会ったことがあり、それで暫く自分流に行ってみたことがありました。

そもそも、この「肥田式強健術」は肥田春充氏(1883~1956)によって創始された、心身鍛錬体系です。肥田氏は、もともと虚弱であった自らの心身を改善するために、西洋の運動法をはじめ生理学、解剖学等を研究した上に、東洋の伝統的な丹田を鍛える鍛錬法を組み合わせて、「肥田式強健術」と言う全く独創的な強健術を編み出したわけです。



この強健術に付いて、肥田氏自身は著書の中で下記のような特色を上げています。

1.どのように虚弱な者でも、頑健な身体に造り変えることができるj。

2.自然治癒力を高めることにより、病気をみずからの力で安全に治療することができる。

3.頭脳を改造し記憶力の増加はもちろん、精神を機械的に支配することにより大悟徹底の境地に至ることも可能。


要するに、肥田式強健術とは、心身の健康、治病、鍛錬、頭脳、才能の開発、禅で言われているような大悟徹底まで、人間をトータルに改造しうる他に類をみない体系であるとされています。

そして、この肥田式強健術は、強健術、天真療法、宇宙倫理の三つに大別されています。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


(1)強健術:以下の八大要件を備え、腰と腹に同量の力を込める「中心力」によって心身を鍛錬する体系。

1. 筋肉の発達
2. 内臓の壮健
3. 姿勢の調和
4. 体格の均整
5. 動作の敏活
6. 皮膚の強靭
7. 気力の充実
8. 精神の平静

強健術には大別して、「簡易強健術」「氣合応用強健術」「椅子運動法」「正中心鍛冶術」「中心力抜刀術」等があり、それぞれが「腰腹同量の正中心」練磨を目指しています。


(2)天真療法:人体の自然治癒能力を高め、病気を治療する方法。「自己療法」とも呼ばれており、天真療法では治病の三大要件として、「安静」「食養」「排泄」の三要素を挙げています。


(3)宇宙倫理:哲学真理、科学真理、宗教真理は一致するとの観点から、自身の心身鍛錬体験によって到達した境地より語られた体系。

晩年は、世界平和の鍵は、この三真理が一致した絶対真理にありとの確信をもって研究を続け、これを「宇宙大学」と名づけたそうです。この研究成果は、膨大な原稿となり肥田氏の死後『宇宙倫理の書』として出版されています。



こうして見ますと何やら堅苦しい健康法のように見えますが、実際にやってみると特別難しいと言うものはありません。唯、理論的な考え方には多少、理解に苦しむ所があるかも知れません。

特に普段、自分の健康や身体のことに無頓着な方に取っては、仲々その真意が分かり難いかも知れません。ですが、とにかく一度、下記のサイトなどを参考にされて体験して見てください。

=>聖中心道肥田式強健術



尚、「肥田式強健術」を簡単に紹介しましたが、理解しづらい表現も幾らかあります。例えば、「腰腹同量正中心の鍛錬」と言うのがあります。

これは古来より東洋に伝わる、腹重視の「丹田の鍛錬」を更に進めて、腹ばかりではなく腰と姿勢、気合を伴なう「腰腹同量正中心の鍛錬」法を確立したのだと言われています。

それまでは、どちらかと言いますと、観念的、神秘的に捉えられていた「丹田」を「正中心」と名づけ、その位置を厳密に定義付け、図示もしているんです。

言わば、それまでのように、思い込みや錯覚にとらわれるのではなく、客観的に自身の心身の変化を確認することができるようにしたのが、肥田式の特徴だとされています。



先ほども言いましたように、「肥田式強健術」は強健術、天真療法、宇宙倫理の三つから成り立っているわけですが、その強健術の内容としては下記のようなものがあります。(聖中心道肥田式強健術より)

1.呼吸操練法(胸式呼吸法) :床に横になって行う呼吸の操練法です。寝て行うため、病人や歩けない方でも無理なく行うことができます。主に内臓を壮健にすることが目的ですが、これによって肥田式の基本と要諦を身に付けることができます。全部で8の型があります。

注:肥田式の呼吸法は、「逆式呼吸」で、息を吸った時に腹を凹め、息を吐いた時に腹を膨らませるものです。

2.簡易強健術(上腕二頭筋の型): 足を固定して、腕や上半身を動かして、足から全身におよぶ10の主要骨格筋を鍛錬するものです。全部で11の型があり、最も知られた強健術です。

3.気合応用強健術(上腕二頭筋の型):気合をかけながら、足を踏みつけたり、飛んだりしながら11の主要骨格筋を鍛錬するものです。踏み込み、踏み付けという肥田式独特の足さばきを用いて行います。全部で12の型があります。

4.椅子運動法:前腕と呼吸と中心力との調節運動  その名のとおり、椅子に腰掛けたまま行う方法です。老人や虚弱者でも無理なく行うことができます。また、デスクワーク中心の方にも向いており、疲労を取り除くのにも大きな効果があります。全部で7つの型があります。

5.正中心鍛冶術(下体):1本の鉄の棒を両手で握って行う4つの型と、徒手で行う2つの型があります。見た目は単純な型ですが、春充師は晩年この2つの型のみで健康と体力を保ったといいます。

6.正中心練磨法:足を深く組んで行う静坐法です。これと同様の静坐を行う正身療法を春充師は、「病弱を退け、全身の機能をさかんにし精神を清明にする」(「天真療法」壮神社刊P.280)と解説されています。また「座禅が兄たれば、これは弟たり」(同)とも解説しています。

7.中心力抜刀術、中心力護身術:気合応用強健術を抜刀術や護身術に応用したものです。抜刀術は18の型が、護身法には20ほど



このように文章で説明されても、仲々様子が分かりませんよね。幸い、下記の動画がありましたので、こちらを参考にご覧下さい。

=>聖中心道肥田式強健術





さて、何時も申し上げているように、私の願いとするところは、一人でも多くの方が、本当の指圧のやり方を身に付けて、その指圧を通して「和を以て尊し」とする、日本人本来の精神を発揮して頂くことです。そして、指圧をする人も受ける人も、お互いに”幸せ”になって頂きたいと願っています。下記の案内をご覧下さい。

◇指圧講座

○講座代金:初級・中級共に、60,000円のところ、45,000円に割引中! 
=>指圧講座の申し込みは、こちら!


◇メール指圧講座
最近、遠方にお住まいの方や、多忙でこちらに来られない方からの申し込みが増えています。あなたも是非、この機会に、ご自宅で指圧を勉強され、周りの方を喜ばせて上げて下さい。
○講座代金:通常、20,000円のところ、12,000円に割引中!
=>メール指圧講座の申し込みは、こちら!


◇指圧治療

○治療代金:通常1回、6,000円のところ、5,000円に割引中。
=>申し込みは、こちらから!







ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ マッサージ・指圧へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。